ブログトップ

Born to Shine

mmmikan.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

DEAR...

ずーっと憧れです。

ずーっと大好きです。



いつかほんとに飛行機のってぶーんと会いに行きますね!^^
[PR]
by crystalmikanchan | 2011-08-06 01:55

be ready

いやーなんか、数週間前までね
イギリスのビザ申請に不安を持ってたからか、
東京でたーくさんの友達に会ったからか、
はたまたおいしいご飯のせいか、

もうずっと日本に居たい病にかかってたんだけど



なんか8月入ってから、
もう早く行きたくてしょうがない。
まだ日本にはいたいと思うし、出発までまだ1ヶ月もあるけど


もう心の準備はできてるかな。

まってろイギリス!
ちょっとやそっとの差別じゃへこたれないぜ!(もうすでに被害妄想笑)
[PR]
by crystalmikanchan | 2011-08-04 21:59

幸せってなんだっけ

ONUで英語研修してたときに仲よくなった、カメラ好きのかっこいーにーちゃんがいましてですね。

ONUを去って早2年。数少ないアメリカで再会したメンバーの一人なのです。そうあたしがワシントンDC行った時も一晩泊まらせてくれたのは彼。あたしがマスキンガムで泣きそうになるくらいまで思い悩んでいたときも、テスト中だったのにもかかわらずスカイプに付き合ってくれたのも彼。朝の4時くらいに空港でお休みになってるのを電話で起こしたあたしに文句ひとつ言わず付き合ってくれたのも彼。

こんな良い事ばっか並べると、お前きもちわりーよ!って言われそうだけど、
まあそれもあれですよね、愛のある毒舌というかね。


それでね、そんな彼のカノジョさんである、超絶美人なおねえさまがいましてですね。

話はずっと聞いていたから会いたい話したい仲良くなりたいと願っていたんだけど、3人でスカイプ会議通話したのをきっかけに、いつの間にかとっても仲良くさせていただいていて。彼抜きでスカイプ3時間くらいしたり、愚痴聞いてもらったり、お兄ちゃんの結婚式のゲストカードとかのアドバイスもらったり、もうあたしはカノジョさんのこと大好きで大好きで。


会ったことないのに。笑



で!先月の24日に東京にてディナーのお誘いをいただいたので、バスでぶーんと日帰り東京駅ツアーにいってきたわけです。
感動の初対面を果たしたわけです!全然初めてってかんじじゃなかったけど!ああお久しぶりお元気でした?って感じだったけど!笑

なんだかやっぱりイメージ通りの素敵な方だった。笑顔がかわいすぎた。彼もバリバリ仕事こなすシャカイジンになっちゃってて、いや素敵でした。大好きないちごのチョコおみやげにいただいちゃうし、帰りの新幹線代どーん!と奢ってくれちゃうし。なによりも二人見てるとほっこり笑顔になっちゃうんだな。




そして31日は、地元の仲いいお兄ちゃんお姉ちゃんと富士急トリップ。とおもいきや、富士急についた頃には雨で全アトラクション中止、富士山まで来たのに急遽シーパラに舵を向け、途中のサービスエリアで富士急HPチェックしたときにはお天気回復でアトラクション稼動している・・・・というショックを引き摺ったまま、でもシーパラではっちゃけ、その後の中華街、さらにはみなとみらいの夜景という完全なデートスポットで5人で写真大会、ベストについて語る、帰りの車内ではRADWIMPS熱唱というなんとも楽しいことをしてきたわけです。
もう彼らはあたしが生意気盛りの小学生だったときから、ずーーーーーーっとお世話をしてくれて可愛がっててくれてるので、何も気をつかう必要もないし(つかわなきゃいけないかもだけどね)計6時間くらい車内で過ごしたのに話題は絶えないわ笑いは絶えないは、ほんっとに楽しい一日だった。終わっちゃうのが寂しすぎた。次の日からが憂鬱すぎた。

みんなシャカイジン何年生めかで、普段はばりばり仕事こなしてるわけで。





あたしは小さいころから、どっちかっていうと同年代よりも年上のお兄ちゃんお姉ちゃんに仲間に入れてもらって、ということが多くて、大学生になった今も、完全に身を預けることができる関係がたくさんあるんだけれど、それってすっごく、恵まれてることだと思うんだ。

自分の親とか、学校の教授、とかそれよりももっと近い将来の自分を、見つけられるような手がかりになってくれるんです。例えば、あ、5年後の自分ってこんな感じなのかな、って。あ、5年後、こういうふうに生きていたいな、って。ずっとこうやって笑ってたいな、って。そういう刺激をくれるのです。

それってね、すごく大きくて、
見えない未来に対して少なからず抱いている不安感とか恐怖心とか、そういうものがあるわけで、そんな時に、少しだけ先を歩いて、少しだけ光を残してくれている、そんな感じ。

もちろんあたしには、一緒に怯えながらも一緒に歩いてくれる同年代の友達もいっぱいいるし、あたしに光を見出してくれる年下の友達もいっぱいいるし、転んだ時に手を貸してくれる両親も家族もみんないる。

それってほんと、幸せなことだとおもうのです。


ああ忙しい!とかマイナスなことはできるだけ言わないって決めたけど、


自分が、幸せだ、とか。

恵まれてる、とか。

愛されてる、とか。

今が楽しくて仕方がない、とか。


そういうことは言葉にすると、それをまた二重で実感する。


e0179424_11562362.jpg



幸せを幸せって思うのは、
親がいるから?友達がいるから?お金があるから?容姿が美しいから?安心して寝る場所があるから?戦争がないから?平和だから?


幸せの感じかたは人それぞれで、価値観によって異なっていて、
人の幸せを定義づけることなんて難しすぎるし、誰に対しても絶対的な幸せなんて存在しない。

でもそれで絶望的になるのは間違ってて、いつだって考え方次第で自分の幸せを無限に感じられるってことだとおもう。考えるだけでハッピーになれるなら、お金もかからないし素敵。


だから"あたしの"幸せのカタチは、あたしの周りの人間関係に根付いてるとおもってる。
あたしのまわりの素敵な人たちが、あたしのことを理解してくれてる、それが幸せ。


Wayne Walterという人がいった、
There is no way to happiness, Happiness is the way
という言葉があります。

解釈としては、

「幸せへ到達する道はない。
幸せであること、つまり幸せであると自覚すること、そして幸せを見つけ出し選び取ることが幸せの道そのものなのである。

幸せとは心の状態です。
いつでも自分自身の心の内面で作り出すことが出来ます。
幸せへの道があると思うのは、自分の外部に幸せがある・・と錯覚している状態です。
幸せは求めるものでは無く、自分の心の内面で作り出すものです。」

という意味になるそうな。


この言葉を二年前に見つけてから、それをずっと胸に生きてるわけですが、
や、2年前のあたしも捨てたもんじゃないな、と思ってみたり。笑

e0179424_11554277.jpg



あ、ちなみに今回のあたしのプロフィール写真のとこにあるピンクの可愛らしいイラスト、カノジョさんがあたしのために描いてくださったものです。お気に入り以上のお気に入り^^♫
[PR]
by crystalmikanchan | 2011-08-04 11:58 | 時々深く考えたりする

自分のことになると気づかないもんだ

e0179424_104294.jpg



>busy...

>>Not busy enough to let everyone on FB know about it




これ、こないだFacebookので友達のポストに対して、他の友だちがコメントしてたこと。要は、忙しいってつぶやいた彼に、別の彼は「いやfacebookでわざわざ忙しいってつぶやくくらいだったら全然忙しくないじゃん」と応えたわけですね。


これさー、よくやるんだよね!
ああ忙しい忙しい、ってやたら周りに主張しちゃうの。そのときはそれなりに忙しいんだろうけど、でも本当に忙しいときって、忙しいって言ってる暇もないんだよね。

そして言われて見れば、本当に忙しい人って、わざわざそれを人に言わないかも。忙しいでしょ、って聞いても、でも楽しいからね、なんて言われちゃったりして。

ああ忙しい忙しいって嘆いてるのみるの好きじゃなかったんだけど、はて、自分はそうやって人を不愉快にさせたことあるのかなあ、って。きっとあるだろなあ、って。

心を忘れるとかいて、忙。

うーん、気をつけなきゃな、と思った次第であります。
[PR]
by crystalmikanchan | 2011-08-04 10:15