ブログトップ

Born to Shine

mmmikan.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰してました

Nierka、無事終了しました!
といっても、公演終了日は16日。


終わってこんなにさみしい気持ちは、すごく久しぶりに感じるもの。
中高時代の部活で、公演が終わるたびに経験してた、あの感覚。
達成感と虚無感の両方が同時に訪れる、あんな感じ

やっと開放された!ようやくちゃんと寝れる!
でも、明日から、なにしよう・・

そんな感じ。

14日15日16日のたった3日間の公演は大盛況
なんとあたし、カーテンコールでステージに立たせてもらっちゃいました
ロンドンのウェストエンドのステージで、
拍手を貰うなんて、きっと、一生に一度の経験だとおもう

でもやっぱり、直接拍手をもらえなくても、
バックステージのほうが好きだなって実感したんだけどね


お正月から毎日大忙しで休む暇なんてなかったけれど、

このNierka
あたしが数年後、数十年後に自分の過去を振り返ったときに、
間違いなくいつまで経っても思い出す、そんな経験になりました。



人生で初めての、学校の外での公演、プロの人たちとの仕事


朝7時から夜10時すぎまで、毎日毎日リハーサル
家にもまともに帰れない日々


毎日が新しい刺激との出会い

圧倒されてばかりで、知らないことばかりで、
周りとの差を痛感させられる日々


間違いなく、タフな仕事でした。
だけど、同じくらい間違いなく、楽しい現場でした。


素敵な出会いがいっぱいあった
毎日スタジオに行くたびに、新しい人と仲良くなる
どんどん知ってる人が増えていく
どんどん色んな人のバックグラウンドを知っていく

どんどん、人に、惹かれてく
尊敬出来る人が増えていく

自分が深くなるのを感じる
同時に、もっとこうありたいっていう像が鮮明になっていく




最終公演が終わって、
自分が好きなもの、やっていて楽しいと思えるものを
好きな人たちと、素敵な仲間たちと
一生懸命になって、作り上げていきたい
そんな風に生きていきたい

そんなふうにつくづくおもった

e0179424_19342858.jpg



Nierka後は、その週末提出の大きなプロジェクトを必死で終わらせ、
プレゼンもおわらせ、
次の週はいくつかの照明会社訪問でロンドン郊外にドライブしたり
バーミンガムまでバスで6時間(!)かけて行ったり。
新しいプロジェクトと公演も始動しまして、
ようやく本業の学生に戻りつつある今日このごろです。

今週末はギリシャに弾丸トリップしてきます(´∀`*)
[PR]
by crystalmikanchan | 2012-01-30 20:02

ニエルカ

14日から16日までピーコックシアターで公演されるNierkaというダンスプロダクションのお手伝いで、
年明けてから3回ほどしか家に帰っていないという
超絶的にバリバリバリとはたらいてます。

現場はもうプロフェッショナル中のプロの集まりで、
でもみんなとってもおもしろくて優しくて。
特に照明軍団は最高にフレンドリーで仲良しなんです。

照明クルーのチーフのマーティンというおっちゃんは
ローリングストーンズとかジェネシスとかっていう大物アーティストの海外ツアーに技術者として何度も何度も参加してて、来日経験もあり、しいてはそのアーティストたちのライブの照明デザインまでやっちゃうっていう、もうあたしの夢に生きてるようなひと。

ジョージっていう男の子は、22歳にして副チーフ!パパが大物の照明デザイナーで、いろんな照明をてがけてて、身近なところだと、ラルクの次のヨーロッパツアーの照明デザインしてたり、ミスチルとも働いたことがあるんだって。そんなパパに連れられ15歳からスキルを磨き始めた彼は、これまた複数のアーティストの世界ツアーに技術者として参加経験あり、去年だけで12ヶ国を回るっていう将来有望すぎるつわもの。最近はちっちゃいライブハウスの照明デザインをてがけたりしてるんだってさ。

なんて、あたしなんかが一緒に働いていいのかって気後れしちゃうくらいすごい人たちに囲まれて、
でもみんな、本当に、とっても親切で。

あたしはもうひよこのように、誰かしらのあとをついてまわって、
できるだけのことをして、
できるだけのことを吸収して。
精一杯全力をつくしてるんだけども、

その姿勢をすごく褒めてくれて、もっと色々教えてくれて。
知らないことを恐れるな、
わからないことが見つかり次第聞きにおいでって、
そうやっていってくれて。


一週間以上朝から晩まで一緒に働いてるから
もう他の照明クルーとも、もうすっかり仲良くなって
膝乗っけられるわ肩車されるわで、相変わらず子供扱いされてます。
でもとってもとっても、よくしてくれてます。

ダンサーさんともバンドの人たちともだいぶ仲良くなったし
総監督とも助監督とも舞台監督ともだーいぶ仲良くなったし、

知り合いの輪がどんどん広がってくのが実感できてるここ数日は
ほんとーに、ほんとーに幸せな日々。



全くの空っぽの状態だったスタジオに、機材を運び込んで組み立て
ステージを作って照明を設置して、何時間もかけてセットアップして
それがリハーサルごとにどんどん形になってくのがわかるのが
本当に楽しい。
バックステージにいる特別な雰囲気も快感(*´∀`*)笑

e0179424_983612.jpg
e0179424_985078.jpg
e0179424_99913.jpg
e0179424_992594.jpg
e0179424_9935100.jpg



本番まであと一週間切りました。
今週は特に、新学期も始まったので、
授業に出てリハーサルに行って帰ってきての繰り返しで
ちょっときつくなるかもしれないけれど、


でもこの幸せな現場を最後まで味わえるように
精一杯やりたいとおもう。
I LOVE MY LIFE!!!
[PR]
by crystalmikanchan | 2012-01-11 09:11 | こんなことしてます

YEAR 2012

12月始めはは肺炎になりかけベッドですごし、
10日すぎにお母さんたちが訪ねてきて、
そのあとすぐにインターンシップがあり、

クリスマスイブは遮断された交通網のためおうちでうだうだとすごして、
クリスマスはタクシーをとっ捕まえてロンドン中心地のお友達のうちで、
ケバブとクッキーを食べながら一応お祝いをして、

26日から29日まではパリへ、
その後夜行列車でハンブルグへ、
そのまま年を越しまして、1日にまたロンドンに戻ってきました。

インターンシップと旅の様子は別のブログにかきますが、
あっという間の12月でした。

e0179424_23194496.jpg



21年間生きてきて、初めての、海外で過ごす年越し。
家族と過ごさない、お正月。


寂しくなったり、恋しくなったりはしているけれど、

なんとなく、強くなったような気がします。
自分の世界の土台が安定された気がします。

普段なら食っちゃ寝食っちゃ寝の年末年始になるところ、
やらなきゃいけないことがあるってことはいいことです。
それが自分の夢につながる経験になるのは幸せなことです。


そして今日は空が青い!そんなに寒くない!
すがすがしい朝に感謝カンシャ。



2011年は変化の年でした。


新しい世界をいくつも見た年。
そこに飛びこんでいった年。


編入のための準備に明け暮れて救急病院に運ばれた3月
どこの学校に編入しようか迷うに迷いながらいろいろな所を旅した5月
新しいおねえちゃんができた7月
そしてイギリスの地に足を着いた9月
なんとなく、自分の進む道が明確になってきた12月


ここにきてよかったと、心から思える
そのことに感謝したい


やりたいことをしろ、
進みたい道をすすめ、と

あたしの全てを受け入れて全力で応援してくれるお父さん、お母さん、
本当にありがとう。




2012年に手に入れたいものは


・挑戦することを恐れない強さ
・自分を肯定する自信
・新しいものにたいする柔軟性
・完全なプラス思考
・語学力
・しゅっとした顎

とりあえず自分をもっと好きになります
あととりあえずできるだけたくさんのことをやってみようと思います。
あとドイツ語を初めてみようとおもいます。
ついでに英語も上達させる!
発音力と語彙力向上!


新しい出会いをたくさん経験して、
新しい知識をたくさん吸収して、
今しかできないことをめいっぱいする

そんな実りある1年になりますように!


あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしく!

e0179424_2320829.jpg

今年もよろしく!
[PR]
by crystalmikanchan | 2012-01-02 23:20